八王子の飲食業・風営2号営業の許可申請の行政書士。

飲食店営業許可と風営法2号申請を行います

一番身近な営業許可が飲食店営業許可となります。

飲食店の営業は、所轄の保健所の許可が必要となりますが、お店の改装時から注意が必要です。

居抜きなどで雑居ビルへ出店する場合は、ほんどのケースで防火管理者の設置が必要です。

飲食店営業許可と風俗営業2号申請を行います

また、営業継続の届・変更届・地位承継届はお済みですか?

たとえば営業を継続するには期間満了の1ヶ月前に更新します。

事務所では営業許可の申請から、申請後の面倒な手続き一切を代行します!

飲食店営業と2号を並行して行う事もできます。

風俗営業2号許可申請について

警察への申請は大きく分けて「許可」と「届け」にわけられます。

さらに、都内でも警察署によって添付書類が違っています。

許可の場合は、当然警察の立ち入り検査が入り、審査も厳しいものとなります。

しかし、届出は立ち入りがないか・・・といえばそうではなく、このページをご覧の方はご存知の通り、警察には立入権がありますので、いつでもお店を見にきます。

その為、許可も届出もお店の見取り図は必要となります。

また、お店を中心として半径100メートルや200メートル内に例えば病院などがないかを調査して提出する必要もあります。当然、商業地域かどうかの区別も必要となります。

従って、必要な書類を集め、書類を作成して・・・・という作業よりも実はこういった周辺地域の調査、お店の見取り図(2号申請:いわゆるキャバレーなど)など、日頃、あまり縁のない業務が重要となります。

風俗営業2号許可申請を行うサイトは沢山あります。必要な書類や添付書類の羅列に飽きた方もいらっしゃるかと存じますが、ポイントを一つあげさせていただければ最初に申し上げた警察署によって、書類の種類が違う事を知っている方へ依頼する事です。

そのため、サイトを参考にしてご自身で申請を行う予定の方は先ず、最寄りの警察署へ相談へ行かれるのが一番です。

お忙しくて、行く余裕がなければ、フットワークが軽い、行政書士事務所、つまり、お客様の疑問に答える事はもちろん、ちょっとした事でも、お客様に変わって、警察などへ問い合わせを行う事務所が便利です。

更に、お店の見取り図などの作成に2週間以上かかるようでは、開店にまにあいません。

ただでさえ、書類を提出してから、2号申請の場合で1ヶ月程度、デリヘルなども10日間など時間が必要です。

せめて1週間で書類の準備が出来るレベルが必要となります。

まず、ご同業の方で実際に利用してよい事務所あれば、紹介してもらうのが一番よいでしょう。

もし、そういった方がいなければご連絡ください。

0426609528電話問い合わせ

事務所は30分の無料相談を行っています。 問い合わせ

ページの先頭へ